年末の宅配は届きません

楽天スーパーセールがあったので、色々と買い込んだのですが、少し前までヤマト便だったショップが、佐川急便に切り替えていると事が多くあった印象です。

それでウチの場合は、佐川急便さんは時間指定なんかしなくても同じ時間帯にいつも来てくれてたので、特に問題は無かったのですが今回は違いました。

通常なら1日で届く地域からの発送だったのですが、2日とか3日後の到着でした。

途中で配送状況を確認してみたところ、持戻りと記載されていたので、持ち出したものの時間が足りず配達できなかったのでしょうか。

しかもダンボール箱の底は真っ黒で、手と床が汚れてしまいました。

これはきっと何度もトラックと倉庫を積み下ろししたせいなのでしょうね。

ドライバーさんは大変でしょうが、消費者といては勘弁してほしいです。

クロネコさんは、この時期でもまだ問題無く配達しているようですが、少し前に合ったアマゾンの一件での値上げが影響で、沢山の荷物が他の業者に流れたのでしょうね。

郵便局のポスパケットですら、これまでは夕方までには必ず届いていたのですが、今回は19:50の配達になっていましたからね。

これ配達完了メールを登録していたので気づいたのですが、登録してなかったら翌朝まで気づきませんでしたよ。

そこそこ高価な中身が入ってるのにポスト投函の場合は気を付けましょう。

参考記事:「繁忙期に届かないは当たり前」宅配便のピーク期について 

それと最近久しぶりにヤマトに荷物を持ち込みしてみたのですが、近所の営業所が無人の倉庫になっていて驚きました。

偶然いたドライバーの人に荷物を受け付けて欲しいといったら、コンビニに行ってくれと言われましたからね。

それで別の大きな営業所にいってみたら、休日ってこともあってか、行列ができていて、やっぱりドライバーが言ってたようにコンビニに行けばよかったと後悔しましたよ。

それから順番を待ていたのですが、前に並んでいる人の様子を見て驚きました。

これまでは、送り状に手書きで書いていたのですが、なんとタブレット入力変更されていたのです。

それで年配の人や、操作に慣れていない人たちがつまづきまくって、荷物が捌けてない状態でした。

さらに受付の人数も足りてないせいで、タブレット操作の説明もままならない状態でしたから、かなり殺伐とした空気が流れていましたよね。

参考記事:ヤマトが配達負担軽減でAI活用も現場はブーイングの嵐

この記事によると現場も困っているようですね。

賃金アップと労働時間の短縮でしたかね?よく覚えていませんが、労働環境の改善などは良い事だと思いますが、クロネコさんは少しやり方を間違えているのは無いかと思っ次第であります。

他の宅配業者が値上げをしなければ、クロネコさんはまた業者に元の価格を提供することになるでしょうね。

私としてはクロネコさんに届けてもらえたら嬉しいのですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)